スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fgが楽しい

2009年03月29日

まあ要はフィギュア版pixivのようなものです。ニコで工作動画(この表記誤解を招くかな…)を投稿されてるPの方も多いですね。
基本的にアイマスやアーマードコアを見てます。バーチャロンももっと増えると嬉しいんですが…



先日表情云々についてあれだけ益体も無い文章書いたんだからこれを紹介しないわけにはいかないかなと。
どうしても綺麗な方向でまとまりがちなニコマスMADの中でこの荒削りな勢いがとても気持ちいい。さぞかし作ってて楽しかったろうなこれ。


思いのほかよく出来てて感心してしまいました。
アイマス×チャロンは割と自分も妄想するんですが結構キャラ当てはめが難しかったり。
スポンサーサイト

ダメだああああ

2009年03月27日

無能

すいません今作ってる動画、完成は早くても5月以降になりそうです。
あーもっと早くに完成させる予定だったのに。情けない…

どうも自分の絵にPainterは必要ないんじゃないかと思い始めてから迷走気味。PhotoshopとSAIだけでまとめられるなら多分その方がいいんですよね。
CS4では回転とか滑らかな拡大縮小とかいい感じの機能が増えてるらしいですし、どうしたもんか。

そういえばintuos4が出るようで。
●ワコム、有機EL搭載ペンタブレット「Intuos4」
物欲はうずきますが今使ってるのが奮発して買ったintuos3のでっかいやつなので流石に我慢。

カクテルSP提供イラスト

2009年03月22日

カクテルSP

カクテルSPで使用していただいたサムネ絵のオリジナルです。
主線塗りつぶし系の絵にしてみたわけですが、無駄に手間かかった割にあんま意味なかったな…
あと真が上手く描けなくて描けなくて。

これでも例の如く「時間を置いたらどんどんアラが見える病」で、他の方のサムネと見比べるたび「ああああああああああああああ」状態でした。あー、本当絵が上手くなりたい。

表情問題

2009年03月20日

今更構えて語るようなことでもないですが、アイマスのダンスには笑顔しかないというのが長らくMAD制作者の頭を悩ませてきたポイントです。言わばダンスシンクロ、リップシンクロは出来ても表情シンクロが出来ないんですね。



二作ともケレン味の強い楽曲にあわせた高いCG技術が光る動画になっていますが、やはりそこで浮き彫りになってしまうのが「笑顔が曲に合っていない」ということ。
最初から限られたリソースで勝負するのがMADというもので仕方ない部分でもありますが、そこを徹底しすぎると「最初から笑顔の合う曲でしか作るべきでない」ということになってしまいます。その横車を押すことで進化してきたのがアイマスMADであるものの、完成度を高め続けた結果この問題に立ち返らざるを得なくなっているのが例に挙げたこの二作のように感じます。

そうした状況で一つの応用例を見せたのがこの動画かなと。


これで面白いと思ったのが、「いつもの千早の笑顔」をストーリー性の強いバンプの曲と合わせることで、「孤独を優越感とすりかえる切なさ、痛々しさ」を表現し得ているということ。
曲の歌い手としてというよりもストーリーの登場人物として配置したからこその効果、とも言えるかもしれません。


とはいえやはり笑顔のみを用いた表現にも限界があります。そこをチート的に解決する魔法の一つが言わずと知れた「手描き」です。当たり前のことではありますが、リソースが制限されるMADと違い、技術さえあればイメージを無制限に具現化できるというのは大変なアドバンテージです。
ただここでまたネックになってくるのは、「動き」を作ろうとすると技術と手間のハードルが途端にうなぎ上りになるということ。自然と手描き系PVは紙芝居動画に合うゆったりとした曲主体になりがちです。

そして魔法のもう一つが「自作3Dモデル」。


表情の話とは若干ずれますが、これを見たとき通常のMADではまず表現できないノリと勢いを実現してしまったという点で衝撃を受けました。手描きでは難しい「動き」の問題を比較的クリアしやすいのは大きいですし、当然ながらその他の可能性も無限大。


あとこの場合どれに分類したらいいのかわかりませんが、えこPで表情といえばこれは外せませんね。正に突然変異的ブレイクスルー。


別にここでPVMAD終焉論を唱えたいわけではなく、曲にあった映像をどう作るかという視点に立ったときに、それぞれの手法の向き不向きに意識的であればよりよいものが作れるのではと思って日ごろ考えていることをまとめてみた次第です。
自作3Dモデルについては完全に門外漢なので他力本願です。世のモデラー(って言うのかな)諸氏には一方的に期待させていただいております。

さて俺も頑張ろう。

カクテルSP

2009年03月19日


またもサムネを描かせていただきました。よろしくお願いします。
大き目の絵はカクテルSPの全日程終了後にでもアップしようかと思います。



久々のDLCはやはり血が騒ぐ…
つかやっぱりグラフィックに関しては箱○版が「本物」だなあという気がしちゃいますね。実際にプレイする「ゲーム」としてはSPの方が上だとは思いますが。
カラフルデイズのダンスにしてもこのグラフィックのトリオで見ると何倍もよく思えます。いろいろとネタ的に面白い振り付けも多いですし、MADとしてもDo-Daiばりに活用されるんじゃないでしょうか。

なんでワシより絵の上手いやつが世の中にこんなにいやがるんだ…

2009年03月13日

pixivやら絵サイト巡回してるとしばしばこう思ったりします。
ネットのおかげで世界中の人の絵と自分のものとを比べられるわけですしね。
もちろんその一方で「とんでもねえヤツらばっかでオラワクワクすっぞ!」なこともありますが。

ちなみにこのセリフの元ネタは、『ダイの大冒険』でフェンブレンがダイに両断されて海中に沈む際の
「何でワシより強いやつが世の中にこんなにいやがるんだ、気にいらねえ…」
から。なんだか凄く率直なセリフで印象深いです。微妙にルサンチマンな香りも漂いますが。


Pと小鳥

情報小出しにするのもなんかやらしいですが、今回は初のオール手描きPVの予定です。
その他にもいろいろと初めてづくしでおっかなびっくりの出足だったんですが、そろそろ駆け足で駆け抜けたいところ。

加速装置が欲しい

2009年03月09日

進捗をちょっとだけ晒し。

空

時間をかけすぎるとどんどん自信が無くなっていく病気です。

ちょこちょこSPやってます。ストーリーで真をクリアして、次は伊織。
心なしかステージでの表情が真より豊かなような…
やっぱりかっこいい歌ではかっこいい表情、悲しい歌では悲しい表情をして欲しいですよね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。